セントラ眼科トップページへ
 日帰り白内障手術、一般眼科、レーザー治療、小児眼科、メガネ処方

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

セントラル眼科 診療方針 セントラル眼科 診療内容 セントラル眼科 診療の流れ セントラル眼科 診療時間 セントラル眼科 アクセス情報 セントラル眼科よくあるご質問 セントラル眼科メディア掲載情報
白内障手術について
セントラル眼科について
渡辺院長コラム「浦安新聞 目の健康」
 

飛蚊症について (2020年6月)
今回は飛蚊症についてお話しさせていただきます。
飛蚊症とは、視界の中に黒い膜状の濁りがゆらゆら浮かんで見える症状です。眼球の動きについてまわり、蚊が飛んでいる様に見える事から「飛蚊症」と呼ばれています。通常の日常生活では自覚しなくても、白い壁や青空を見た時にこの「飛蚊症」を自覚する事もあります。飛蚊症の原因は、加齢による生理的な変化によるものが大部分です。

しかし、一部には網膜裂孔・網膜剥離・硝子体出血・ぶどう膜炎などの目の病気に関連して症状が現れる事があります。これらの病気は、いずれも放置すると失明に至る危険性がある病気です。

生理的な飛蚊症の場合には治療の必要性はありませんが、病的な飛蚊症の場合には早急に何らかの治療が必要になる事が多く、生理的飛蚊症と病的飛蚊症を区別するためにも、「飛蚊症」を自覚されている方は、一度眼科専門医への受診をおすすめいたします。


院長 医学博士 渡邊一弘
日本眼科学会認定 眼科専門医
厚生労働省認定 指導医
慶應義塾大学眼科 講師(非常勤)

以降フッター
無断転載ご遠慮ください   サイトマップ
■セントラル眼科クリニック 千葉県市川市行徳駅前2-13-16 Tel.047-396-6255 MAP
■セントラル眼科今川内 千葉県浦安市今川1-1-43 Tel.047-305-0055 MAP

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得