セントラ眼科トップページへ
 日帰り白内障手術、一般眼科、レーザー治療、小児眼科、メガネ処方

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

セントラル眼科 診療方針 セントラル眼科 診療内容 セントラル眼科 診療の流れ セントラル眼科 診療時間 セントラル眼科 アクセス情報 セントラル眼科よくあるご質問 セントラル眼科メディア掲載情報
白内障手術について
セントラル眼科について
渡辺院長コラム「浦安新聞 目の健康」
 

角膜上皮びらんについて (2018年10月)
今回は角膜上皮びらんについてお話しさせていただきます。

あまり聞きなれない病名かもしれませんが、角膜(黒目の表面)の表層が剥けてしまう病気です。 外傷やコンタクトレンズ障害・糖尿病・ドライアイ・兎眼(瞼が閉じない状態)・角膜ジストロフィ等、様々な事が原因で起こります。

症状は、違和感・疼痛・流涙・かすみ・充血・視力低下などです。 起床時に多いのが特徴で、起床直後のまばたきで角膜上皮が剥がれてしまいます。

治療としては、人工涙液の点眼や眼軟膏です。基本的には数日〜1・2週間以内に治る事が多いですが、角膜の表面は外敵からのバリアー機能の役割を果たしているため、角膜上皮びらんによってバリアー機能が障害されている状態では、感染に暴露されやすいのが問題です。感染が生じてしまうと感染性角膜 炎となり重症化する事もある為、注意が必要です。また、再発が多い事もこの病気の特徴です。
違和感や疼痛・充血等が認める場合には、一度眼科専門医への受診をおすすめいたします。
以降フッター
無断転載ご遠慮ください   サイトマップ
■セントラル眼科クリニック 千葉県市川市行徳駅前2-13-16 Tel.047-396-6255 MAP
■セントラル眼科今川内 千葉県浦安市今川1-1-43 Tel.047-305-0055 MAP

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得