セントラ眼科トップページへ
 日帰り白内障手術、一般眼科、レーザー治療、小児眼科、メガネ処方

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

セントラル眼科 診療方針 セントラル眼科 診療内容 セントラル眼科 診療の流れ セントラル眼科 診療時間 セントラル眼科 アクセス情報 セントラル眼科よくあるご質問 セントラル眼科メディア掲載情報
白内障手術について
セントラル眼科について
渡辺院長コラム「浦安新聞 目の健康」
 

黄斑円孔について (2018年6月)
今回は黄斑円孔についてお話させていただきます。

黄斑円孔とは、あまり聞きなれない病名かもしれませんが、眼内にある硝子体というゼリー状の組織が網膜の中心部である黄斑部を持続的に引っ張る事で、網膜が持ち上げられ黄斑部に亀裂が入り、やがて穴が開いてしまいます。この黄斑部に亀裂が入った状態を偽黄斑円孔、完全に穴が開いてしまった状態を黄斑円孔といいます。

症状は初期にはあまり自覚されない事もありますが、進行してくると徐々に物が歪んで見えたり、視力が大幅に低下します。

黄斑円孔になり視機能が大幅に低下してしまっても昔は治療法がありませんでしたが、現在は硝子体手術によって治療することが可能となっています。ただ、黄斑円孔に至ってしまうと、治療によって形態的に黄斑円孔は治りますが、視機能がどの程度改善するかは個人差があります。

徐々に視力が低下したり、歪んで見える場合には一度早めに眼科専門医への受診をおすすめいたします。
以降フッター
無断転載ご遠慮ください   サイトマップ
■セントラル眼科クリニック 千葉県市川市行徳駅前2-13-16 Tel.047-396-6255 MAP
■セントラル眼科今川内 千葉県浦安市今川1-1-43 Tel.047-305-0055 MAP

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得