セントラ眼科トップページへ
 日帰り白内障手術、一般眼科、レーザー治療、小児眼科、メガネ処方

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

セントラル眼科 診療方針 セントラル眼科 診療内容 セントラル眼科 診療の流れ セントラル眼科 診療時間 セントラル眼科 アクセス情報 セントラル眼科よくあるご質問 セントラル眼科メディア掲載情報
白内障手術について
セントラル眼科について
渡辺院長コラム「浦安新聞 目の健康」
 

網膜静脈閉塞症について (2018年4月)
今回は、網膜の静脈が閉塞してしまう網膜静脈閉塞症についてお話しさせていただきます。

眼球内の網膜という組織に分布する血管の一つである網膜静脈が何らかの原因によって閉塞し途絶えてしまう病気を網膜静脈閉塞症といいます。網膜静脈の根元が閉塞した場合は網膜中心静脈閉塞症となり、網膜全体に出血します。また、静脈の枝分かれした一部が閉塞すると網膜静脈分枝閉塞症となり、網膜の限局した部分に出血します。

症状は閉塞する静脈の部位や出血・浮腫の程度によってさまざまですが、主な症状としては急激な視力低下や視野障害、物が歪んで見えたりする変視症が挙げられます。また閉塞領域の出血部位によっては無症状の場合もあります。原因としては動脈硬化・高血圧・糖尿病・腎機能障害などが主です。

この病気では、無治療のまま放置すると硝子体出血や血管新生緑内障など失明に至るような病気を合併することがあり注意が必要です。しかし、きちんと適切な治療を受ければ、この様な合併症まで至ってしまうことは非常に少なく抑えることが可能です。

症状がある場合はもちろんですが、自覚症状がなくても、動脈硬化・糖尿病・高血圧・腎機能障害をお持ちの方は、一度眼科専門医への受診をおすすめします。
以降フッター
無断転載ご遠慮ください   サイトマップ
■セントラル眼科クリニック 千葉県市川市行徳駅前2-13-16 Tel.047-396-6255 MAP
■セントラル眼科今川内 千葉県浦安市今川1-1-43 Tel.047-305-0055 MAP

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得