セントラ眼科トップページへ
 日帰り白内障手術、一般眼科、レーザー治療、小児眼科、メガネ処方

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

セントラル眼科 診療方針 セントラル眼科 診療内容 セントラル眼科 診療の流れ セントラル眼科 診療時間 セントラル眼科 アクセス情報 セントラル眼科よくあるご質問 セントラル眼科メディア掲載情報
白内障手術について
セントラル眼科について
渡辺院長コラム「浦安新聞 目の健康」
 

黄斑上膜について (2018年3月)
今回は、黄斑上膜についてお話しさせていただきます。

網膜とはカメラに例えるとフィルムの役割をする神経の膜で、物を見た時に像が写る場所です。この網膜の中で最も視力 に関わる大事な場所を黄斑部と呼びます。この黄斑部にセロファンのような膜が張ってしまう病気が黄斑上膜です。

上黄斑膜では、膜越しで物を見ることになり視力が低下します。またこの膜が収縮する ことによって、網膜を引っ張り、しわをつくることがあり、進行してくると物がゆがんで 見えてきます。

黄斑上膜の唯一の治療は手術です。黄斑上膜により視力低下・ゆがみなど症状が認めた 場合には手術を検討します。しかし、手術を行ってもゆがみなどの症状を完全に治すこと は困難です。手術後、半年から1年程度かけて少しずつ症状が改善することが多く、放置 すると増悪してしまうので、それを防ぐのが手術目的です。

また、黄斑上膜は黄斑部に強いしわ・むくみ・あな(円孔)を作り症状がひどく日常生 活にも支障をきたす事もありますので、手術をしない場合でも定期的な眼科受診をしてい ただき、黄斑上膜の状態を検査しておくことが大切です。ゆがみや視力低下が見られた場 合には、一度眼科専門医への受診をおすすめいたします。
以降フッター
無断転載ご遠慮ください   サイトマップ
■セントラル眼科クリニック 千葉県市川市行徳駅前2-13-16 Tel.047-396-6255 MAP
■セントラル眼科今川内 千葉県浦安市今川1-1-43 Tel.047-305-0055 MAP

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得