セントラ眼科トップページへ
 日帰り白内障手術、一般眼科、レーザー治療、小児眼科、メガネ処方

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

セントラル眼科 診療方針 セントラル眼科 診療内容 セントラル眼科 診療の流れ セントラル眼科 診療時間 セントラル眼科 アクセス情報 セントラル眼科よくあるご質問 セントラル眼科メディア掲載情報
白内障手術について
セントラル眼科について
渡辺院長コラム「浦安新聞 目の健康」
 

白内障と紫外線 (2017年7月)
今回は、白内障の危険性を高める紫外線対策についてお話しします。

白内障は加齢に伴い誰にでも起こりうる病気ですが、発症年齢や症状の程度には個人差があります。理由は、白内障になるリスクが加齢以外にも存在するからです。
特に白内障と深く関係しているのが紫外線です。
シミやシワの原因になることでも知られている紫外線ですが、目にも障害を与えると言われています。特に白内障は、紫外線によって発症、進行しやすくなります。紫外線が目に入ると水晶体という目のレンズの役割をしている部分の線維が壊されてしまうのです。
紫外線量は、季節によっても変わりますが、夏だけでなく春や秋も決して少なくないので油断しないようにしましょう。
特に、長時間外でお仕事や運動をされる方は要注意です。室内での紫外線量を1とすると、屋外では20倍ほどになると言われており、危険性が高くなります。しっかりとした紫外線対策が必要です。
最近お店に並んでいる眼鏡は、紫外線(UV/ウルトラバイオレット)をカットする機能がついているものが多いですが、そのようなレンズを使用したり、UVカットのコンタクトレンズを装用したりすることも大切です。また、喫煙、糖尿病、ステロイドの長期服用なども白内障の発症要因に挙げられています。
以降フッター
無断転載ご遠慮ください   サイトマップ
■セントラル眼科クリニック 千葉県市川市行徳駅前2-13-16 Tel.047-396-6255 MAP
■セントラル眼科今川内 千葉県浦安市今川1-1-43 Tel.047-305-0055 MAP

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得