セントラ眼科トップページへ
 日帰り白内障手術、一般眼科、レーザー治療、小児眼科、メガネ処方

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

セントラル眼科 診療方針 セントラル眼科 診療内容 セントラル眼科 診療の流れ セントラル眼科 診療時間 セントラル眼科 アクセス情報 セントラル眼科よくあるご質問 セントラル眼科メディア掲載情報
白内障手術について
セントラル眼科について
渡辺院長コラム「浦安新聞 目の健康」
 

白内障の治療について (2017年6月)
眼科で白内障と診断されても、日常生活に支障がなければ「経過観察」となり、定期的に 受診され検査をしながらいつもどおりの生活をすることができます。
患者さんによっては 点眼薬を処方されることもあります。ただしこれは、水晶体の濁りを改善するものではな く、症状の進行をできるだけ遅らせる目的のお薬なので、「薬物療法」を続けたからとい って、見え方などの自覚症状において明らかな効果は期待できません。
一方、白内障の「手術」は、濁った水晶体を人工の眼内レンズと交換し、新しい目の状 態にすることができるので、完治することができます。

  白内障の手術は、視力がいくつまで下がったらとか、症状にいくつ当てはまったらとい うような明確な基準はありません。一番の決め手は、「日常生活にどれくらい支障が生じ てきたか」です。この判断は、患者さん一人一人様々です。見え方というのはとても主観 的なものなので、視力検査で測られた数値とは違います。
白内障の患者さんの中には、視 力はそんなに低下していなくてもよく見えないと訴える方もいれば、視力検査で0.3しか 見えていなくても、日常生活に支障は感じないという患者さんもいらっしゃいます。
また 、読書や細かい作業、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどを頻繁に使う機会も増え ているので、そういう場面でストレスを感じてすぐに手術を希望する患者さんもいます。 したがって、自分に合った選択をすることがとても大切です。
以降フッター
無断転載ご遠慮ください   サイトマップ
■セントラル眼科クリニック 千葉県市川市行徳駅前2-13-16 Tel.047-396-6255 MAP
■セントラル眼科今川内 千葉県浦安市今川1-1-43 Tel.047-305-0055 MAP

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得