セントラ眼科トップページへ
 日帰り白内障手術、一般眼科、レーザー治療、小児眼科、メガネ処方

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

セントラル眼科 診療方針 セントラル眼科 診療内容 セントラル眼科 診療の流れ セントラル眼科 診療時間 セントラル眼科 アクセス情報 セントラル眼科よくあるご質問 セントラル眼科メディア掲載情報
白内障手術について
セントラル眼科について
渡辺院長コラム「浦安新聞 目の健康」
 

プールにおける眼の注意点(2016年8月)
今年もプールの季節がやってきました。今回は、プールにおける眼の注意点についてお話させていただきます。

プールの水は、一般細菌・ウイルス・大腸菌等が持ち込まれやすい環境にあります。これらの汚染から守るために、日本では国で塩素濃度0.4〜1.0mg/Lを満たすように基準が設けられております。
病原性大腸菌O-157の騒動以来、近年では水質環境維持のために水素濃度が1.0mg/L近くの高い値に保たれている施設が多い傾向にあります。高濃度にすることによって、大腸菌やウイルスは死滅する確率が高くなり、これらの感染を防ぎやすくなりますが、一方で高濃度の塩素は角膜(黒目)や結膜(白目)など眼表面への刺激が強く、炎症や障害が引き起こされる場合があります。

これらを防ぐために、プールを泳ぐ際にはゴーグルを装用し、プールから上がった後には防腐剤の入っていない涙液タイプの点眼にて眼を洗うように心がけてください。
また、充血や目やに・違和感を認めた場合には、お早めに眼科専門医への受診をお勧めいたします。

以降フッター
無断転載ご遠慮ください   サイトマップ
■セントラル眼科クリニック 千葉県市川市行徳駅前2-13-16 Tel.047-396-6255 MAP
■セントラル眼科今川内 千葉県浦安市今川1-1-43 Tel.047-305-0055 MAP

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得