セントラ眼科トップページへ
 日帰り白内障手術、一般眼科、レーザー治療、小児眼科、メガネ処方

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

セントラル眼科 診療方針 セントラル眼科 診療内容 セントラル眼科 診療の流れ セントラル眼科 診療時間 セントラル眼科 アクセス情報 セントラル眼科よくあるご質問 セントラル眼科メディア掲載情報
白内障手術について
セントラル眼科について
渡辺院長コラム「浦安新聞 目の健康」
 

眼瞼下垂の治療 (2016年7月)
前回もお話しましたが、上まぶたが垂れ下がって上がらなくなる状態を「眼瞼下垂」といいます。
先天性と後天性のものがあり、後天性のものの中には頻度が低いものの動眼神経マヒなど重大な病気が関係していることもありますので注意が必要です。
例えば、高血圧や糖尿病などによる循環障害や、脳腫瘍、脳動脈瘤などの疾患が原因で起こっていることもあるからです。この様な二次的な眼瞼下垂には、原因となる病気の治療を行います。
また、後天性眼瞼下垂の大部分は加齢によって起こる「老人性」のものです。治療法は手術となります。成人では局所麻酔で場合によっては日帰り手術が可能です。

手術には2通りの方法があります。まぶたを上げる筋肉の機能(上眼瞼挙筋機能)が十分にある場合は、「挙筋短縮術」や「挙筋前転術」という挙筋腱前のずれを整復する手術を施行します。一方で、まぶたを上げる筋肉の機能が不良の場合は「前頭筋吊り上げ術」を施行します。

以降フッター
無断転載ご遠慮ください   サイトマップ
■セントラル眼科クリニック 千葉県市川市行徳駅前2-13-16 Tel.047-396-6255 MAP
■セントラル眼科今川内 千葉県浦安市今川1-1-43 Tel.047-305-0055 MAP

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得