セントラ眼科トップページへ
 日帰り白内障手術、一般眼科、レーザー治療、小児眼科、メガネ処方

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

セントラル眼科 診療方針 セントラル眼科 診療内容 セントラル眼科 診療の流れ セントラル眼科 診療時間 セントラル眼科 アクセス情報 セントラル眼科よくあるご質問 セントラル眼科メディア掲載情報
白内障手術について
セントラル眼科について
渡辺院長コラム「浦安新聞 目の健康」
 

視神経炎について (2016年4月)
あまり聞きなれない病気かもしれませんが、今回は視神経炎についてお話させていただきます。

眼球は角膜・水晶体・硝子体・網膜で形成され、視覚情報は眼球後方から延びる視神経を通して脳に伝達される仕組みになっています。この重要な役割を担っている視神経が炎症を起こす病気を視神経炎といいます。
視神経炎の症状としては、
・数日で進行する比較的急な視力低下
・見ようとする中心部分の見づらさ(中心暗点)
・眼を動かすときに生じる痛み(眼球運動痛)
・色が薄く感じる(色覚低下)
・運動時やお風呂上りなど体温上昇時の症状悪化
が挙げられます。
多発性硬化症(全身性の神経の病気)の初期症状として認められることも多く、注意が必要です。

初めての発症や軽症例では経過観察する場合もありますが、症状が重篤な場合や両眼に出てくる場合、再発する場合などでは、副腎皮質ステロイドの大量投与治療が必要になります。
このような症状を自覚された場合には、放置せず早めに眼科専門医への受診をおすすめいたします。
以降フッター
無断転載ご遠慮ください   サイトマップ
■セントラル眼科クリニック 千葉県市川市行徳駅前2-13-16 Tel.047-396-6255 MAP
■セントラル眼科今川内 千葉県浦安市今川1-1-43 Tel.047-305-0055 MAP

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得